フローハイブ実証実験1

自作巣箱1号(重箱搭載型)

ややこしい箱よりも簡単な重箱に搭載しました。
たまたまですが、持っていた箱にピッタシ!(実は少し改良しましたが)


引っかける部分 (操作面後ろ)

ノミが見当たらなかったので急遽5寸釘で自作
少し削りました ノミが見当たらなかったので 急遽5寸釘で代用 グラインダーで削って自作
少し削りました

ノミが見当たらなかったので
急遽5寸釘で代用
グラインダーで削って自作

つらつらにセット

下までの距離に合わせて丁度良い高さまで削ります


横の隙間から蜂が出て来ないように

横に板を付けました

このスペースはあまり無い方がいいと思います
箱の幅は51mmX4枚+数ミリ


上蓋に隙間が出来ない様に

↑ビフォー  ↓アフター

四隅に釘を4本打ちます

シュロ縄を回すためのものです

シュロ縄を巻きます

パッキン替わりにシュロ縄を使いました

上蓋の上からも

更にシュロ縄で巻きました。

留め

エンドはタッカーで留めました

操作版を締めた写真

操作版を開けた写真

自作巣箱1号(重箱搭載型)” への2件のフィードバック

  1. Flow Hiveの噂は耳にしていましたので、ウェブ検索したところ、トップに出ましたので、読ませてもらいました。
    とても興味深い説明です。
    この備品は藤原用法系列の会社が日本代理店になったのと同じですか?
    日本ミツバチでの検証結果ありがとうございました。
    わたしが取り掛かるれる方法とかご存知でしたら、お知らせいただければ、助かります。わたしも採蜜時のトラブルには矢張り困っています!
    宜しくお願いします。

    1. こんにちは フローハイブの参考冊子をよろしければ発送いたしますので 送り先をお教えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です